体外受精・顕微授精

体外受精・顕微授精とは

● 体外受精とは

体外受精は、妻の体内から取り出した卵子を含む培養液内に一定濃度の運動性良好精子を加えた後、正常に受精し、細胞分裂を順調に繰り返して発育した胚(通常2-5日間培養します)を子宮内に移植(胚移植)することにより妊娠を目指す不妊治療です。この方法によれば、卵管が無くとも妊娠成立することが可能で、基本的には卵管因子に対する治療法です。

● 顕微授精とは

体外受精で必要な精子数が得られない夫婦に対し、高倍率の顕微鏡で確認しながら一匹の精子を直接卵子内に注入し、受精卵を得る方法を顕微授精といいます。原理的には1個の精子が得られれば妊娠を目指しうる方法で、1992年にパレルモ博士により報告されました。1993年にはこの方法を応用し、無精子症の夫の精巣内から精子を回収して、その精巣内精子を顕微授精し受精卵を得る方法で生児を得たという報告がなされるようになりました。

体外受精・顕微授精について詳しくはこちら

排卵誘発に対する当院の考え方(低刺激か?高刺激か?)

通常、体外受精に際し何らかの排卵誘発が行われ、その刺激の程度により「低刺激法」と「高刺激法」に分類されています。

低刺激法

内服の排卵誘発剤をメインに使用する方法です(多少注射も追加します)。

高刺激法

注射の排卵誘発剤を連日使用する方法です。自然排卵を抑制するために併用する薬剤により、ロング法、アンタゴニスト法などがあります。

各々の方法の利点/欠点は以下のように考えられています。

利点 欠点
低刺激法
  • ・通院日数が少なく一般的に安価
  • ・卵巣過剰刺激症候群が起こるリスクは高くはない
  • ・多くの卵子は得られない(卵巣予備能が良くても卵胞発育数は限られる)
高刺激法
  • ・卵巣予備能に応じた数の卵子数が得られる(卵巣予備能が低い場合は発育卵胞数は制限される)
  • ・連日の注射が必要で一般的に高価
  • ・卵巣過剰刺激症候群のリスクがある
● 低刺激法

【利点】

  • ・通院日数が少なく一般的に安価
  • ・卵巣過剰刺激症候群が起こるリスクは高くはない

【欠点】

  • ・多くの卵子は得られない(卵巣予備能が良くても卵胞発育数は限られる)
● 高刺激法

【利点】

  • ・卵巣予備能に応じた数の卵子数が得られる(卵巣予備能が低い場合は発育卵胞数は制限される)

【欠点】

  • ・連日の注射が必要で一般的に高価
  • ・卵巣過剰刺激症候群のリスクがある

低刺激法に「身体に優しい」「自然に近い」などのイメージがあるようです。あながち間違ってはいないのかもしれませんが、体外受精の真の最終目標は何か?という視点で考えてみてください。
皆様のゴールは「身体に優しい・自然に近い排卵誘発をすること」が真の最終目標ではないはずです。真の最終目標はあくまで「妊娠・出産すること」なわけです。
では逆に、何でも高刺激で行えばいいのか?というと、これも程度問題で、1回で妊娠したものの、余剰凍結胚がいくつも残ってしまうのも好ましい状態とは言えないのかも知れません。
重要なのは、「何を乗り越えるために体外受精を行うのか?」という視点で判断することです。
当院では基本的に「卵の質の低下があれば、それを数でカバーする」と考えます(ただし、卵巣予備能が高刺激法に適しているかどうかの判断が必要です)。
つまり、「低刺激or高刺激」は、雰囲気やイメージで選択する性質のものではなく、医学的適応(医学的に必要かどうか?)により判断されるべきものと考えます。

料金について

体外受精には現在、健康保険が適用されていませんので全額自費診療となります。 当院では、『生殖医療を提供するプロフェッショナル』として、「基本料金を安価に、成功した場合には相応分をご負担いただく」というコンセプトのもとに生殖補助医療の料金を設定させていただいております。

体外受精・顕微授精・融解(解凍)胚移植で妊娠に至り、当院卒業(妊娠10週0日)となった場合下記の「生殖補助医療成功報酬」の請求がございます。
(以下の料金の他に検査、注射・処方などの費用がかかります)。

体外受精(媒精法)

基本料金(正常受精数4個まで)… 200,000円(税込216,000円)

【内訳】

採卵
50,000円 (税込 54,000円)
媒精
50,000円 (税込 54,000円)
培養
50,000円 (税込 54,000円)
胚移植
50,000円 (税込 54,000円)

正常受精数が5個以上の場合…以降正常受精数1個追加当たり 10,000円(税込 10,800円)

顕微授精

基本料金(正常受精数4個まで)… 250,000円(税込270,000円)

【内訳】

採卵
50,000円 (税込 54,000円)
顕微授精
100,000円(税込 108,000円)
培養
50,000円 (税込 54,000円)
胚移植
50,000円 (税込 54,000円)

正常受精数が5個以上の場合…以降正常受精数1個追加当たり 15,000円(税込 16,200円)

精巣内精子使用加算…100,000円(税込108,000円)

胚盤胞培養(成功報酬)

胚盤胞に達し、移植または凍結した場合…30,000円(税込32,400円)
(胚盤胞培養を行っても胚盤胞にならなかった場合は無料)

胚移植関連費用

SEET法…20,000円(税込21,600円)

2段階胚移植…50,000円(税込54,000円)

胚凍結

胚凍結(初回半年間の保管料含む)…10,000円+8,000円×凍結胚数
(税込 10,800円+8,640円×凍結胚数)

胚凍結更新料

更新3回目まで…5,000円×凍結胚数(税込5,400円×凍結胚数)

更新4~6回目…10,000円×凍結胚数(税込10,800円×凍結胚数)

更新7回目以降…20,000円×凍結胚数(税込21,600円×凍結胚数)

2017年1月以降に凍結した胚の更新料金です。
2016年12月までに凍結した胚にかかる費用は旧料金(満期まで一律5,400円×凍結胚数)を適用します。

融解(解凍)胚移植

100,000円(税込108,000円)

【内訳】

融解(解凍)
50,000円(税込54,000円)
胚移植
50,000円(税込54,000円)

生殖補助医療成功報酬

体外受精・顕微授精・融解(解凍)胚移植で妊娠に至り、当院卒業(妊娠10週0日)となった場合

妊娠判定日の年令

~34才…100,000円(税込108,000円)

35~39才…150,000円(税込162,000円)

40~41才…200,000円(税込216,000円)

42才~…250,000円(税込270,000円)

2016年12月までに凍結した胚を移植して卒業した場合は旧料金(一律162,000円)を適用します(34才以下でも旧料金での請求となります)。
2016年12月までに凍結した胚と2017年1月以降に凍結した胚を2個移植して卒業した場合は、新旧料金のうち低額の方となります。

助成金制度について

当院は、東京都特定不妊治療費助成事業指定医療機関です。
当院で体外受精・顕微授精の治療を受けられる方で、自治体の指定した要件を満たす方は助成を受けることができます。
さらに市区町村単位で助成事業を行っている自治体もございます。
 
また、東京都では、平成27年4月1日より精子を精巣等から採取するための手術を実施した場合の助成制度を開始しております。
(手術単独では助成の対象とはならず、その後引き続き特定不妊治療(現実的には顕微授精)を行い、これが助成の対象となることが必要です。)
当院で施行いたします精巣内精子回収法なども、条件が満たされれば助成の対象となります。
詳細は各自治体のホームページなどでご確認ください。

東京都特定不妊治療費助成

申請書のお預かり

妊娠判定の日以降(または治療中止となった日以降)に受付にてお申込みください。
(文書管理に安全を期すため、治療途中でのお預かりは行っておりません。)


文書作成料

1通につき3,000円(税込3,240円)
(東京都+市区町村へ一通ずつ申請する場合は6,480円となります)


お渡しの時期

申請書をお預かりした時期から2週間程度のお時間を頂戴いたしております。
(妊娠判定陽性の方は、当院卒業時にお渡しいたしております)
未納金がおありの際は、お渡しの日までに未納金の清算をお願いいたします。


お渡し方法

個人情報保護および手元に届かないなどのトラブル回避のため、ご来院いただき直接手渡しでお願いいたしております。

診療時間

日・祝
10:00~14:00 ★(注)
16:00~20:00
  • ◎ … 10:00~13:00、14:00~17:00
  • ▲ … 16:00~18:30
  • ★ … 完全予約制
    (注:休日急病診療の受け入れが可能な場合がございます。詳細はこちらをご覧ください。

PAGE TOP